セサミンイメージ

有効的なセサミンの飲み方

私たちの身体は、日々食べたもので構成されています。
身体に必要な栄養素をしっかり摂取し、軽い運動などをして体調を管理することが健康への近道です。
しかし、年齢とともに急増する腰や膝の痛みは、軟骨の弾力性や関節液の潤いが年々減少していくためと、バランス良く食べているつもりでも、不足しがちな栄養素やミネラルが原因だったりします。
私が運動不足で、高カロリーな物ばかり食べており体重がかなりあった頃、立ち上がった時や、階段を上り下りする際に痛みを感じる場所は主に膝でした。
膝の関節は大腿骨と頚骨、膝蓋骨の3つの骨で構成されており、互いの骨がぶつからないように軟骨が骨を保護しています。
しかし、体重が重かったり、何度も階段を上り下りするなど負担がかかってしまうと、だんだん軟骨がすり減っていきます。
こちらのhttp://www.ohrwege.net/006eiyouso.html記事にも書いてあるように、私の場合は加齢的な変化で軟骨が磨り減ったというよりも、体重が重く、膝の関節に負担が出てきてしまったのです。
膝の痛みをそのままにしておくと、軟骨がすり減って、直接骨同士がぶつかり、変形性膝関節症になってしまいます。
実際、すり減った感覚がわかり、膝の内側がだんだん痛くなっていくのと、触ると炎症があることもわかりました。
恥ずかしいものですが、私は接骨院で院長をしています。
なので、自分の骨の状態や痛みはすぐにわかってしまいます。
痛みがあることを患者様の前で言ったときに、その患者様からセサミンを飲んでみたらどうか、と勧められ、その日からセサミンを飲むようになりました。
有効的な飲み方はないかと、主人と一緒に考えました。
栄養補助食品なので、食事後に服用したほうが良いとし、毎日の朝、昼、晩に摂取することになりました。
それと同時に、私の体重を落としていくことを決めました。
こちらのhttp://www.freevix.org/記事にも書いてある通り、毎食時前にお茶を飲み、少しおなかを落ち着かせてから、食事を始め、最後にセサミンを飲みます。
昼は仕事でなかなか落ち着いた食事は出来ませんでしたが、欠かさず飲むようにしていました。
2週間目くらいに痛みを感じることが少なくなり、主人にも「最近痛いって言わなくなった。
」と言われるようになりました。
関節内部の軟骨の磨り減りが落ち着いたのと、関節液の循環が良くなったみたいです。
加えて少々体重の減りもでてきました。
摂取して4週間後には膝の痛みは殆ど無くなり、快適に過ごせるようになりました。
さらに、患者様から肌の艶が良いのと、体重の変化を気付いてもらえるようになりました。
体重はいきなり落とすより、緩やかに落としていくことにも気をつけています。
飲み続けることで身体に変化があらわれることが、とても嬉しいです。
セサミンと併せて摂ると相乗効果が期待できる成分がいくつかあるので、http://www.thehalfshow.com/ixtusyo.htmlで紹介されているような成分と組み合わせて摂取すると良いでしょう。

http://itpit.us/kou.html←更に詳しくセサミンについて知りたい方必見なサイトです。

Copyright(c) 2010 ごまの健康.com All Rights Reserved.